コーヒーメーカーで美味しくコーヒーを淹れる

珈琲メーカーアイキャッチブログ

コーヒーメーカーで美味しくコーヒーを淹れる

こんにちは。熊本市ふれあい通りにあります、ナイスブレンド珈琲です。
 

今回は、使い方を覚えると便利なコーヒーメーカーでの抽出方法のご紹介です。今まで使っていた方も、これから使おうと思われている方も、使用法や粉の分量など基本的な使い方を知っておくと、満足のいくコーヒーが抽出できると思いますので、参考にしてください。

 

 

コーヒーメーカーでコーヒーを淹れる

今回は使用するコーヒーメーカーは「Melita エズ SKG56」です。
比較的安価で手に入るコーヒーメーカーで、毎日手軽にコーヒーを楽しみたい方にぴったりの商品です。2~5杯用で、フィルターのサイズは102を使用します。

Melita エズ SKG56
エズ SKG56|Melitta Japan (メリタジャパン)
グラスポットタイプ、5杯用コーヒーメーカー。「エズ」。コンパクトでシンプル。毎日手軽にコーヒーを楽しみたい方へ。

用意するもの

お好みのコーヒーの粉(中挽き)をご用意ください。

・3杯(360cc)淹れる場合・・・20g
・5杯(600cc)淹れる場合・・・30g

・フィルター 102

※メーカーによって1杯の量が違う場合があります。お持ちの器具の説明書で確認してください。

淹れ方

①お好みのコーヒーの粉を準備します。粉の挽き目は中挽きです。

②フィルターのとじ目の部分を互い違いに折り、ドリッパーにセットします。
杯数分の粉を入れ、軽く揺すって平らにならします。

写真は20gの粉です

②コーヒーメーカーのドリッパーにセットします。
ドリッパーの向きなどもメーカーごとに異なるので確認してセットします。

③給水タンクに杯数分のメモリ部分まで水を入れ、電源を入れます。
抽出が完了したら電源を切りましょう。カップに注いでできあがりです。

ポイント

①粉の目は中挽きが適していますが、中細挽きの場合は粉の量を少し減らしてください。
細引きは適していません。

②コーヒーメーカーに合わせた杯数を抽出することが大切です。

③挽きたての粉を使うと、より香り高いコーヒーになります。

④抽出されたコーヒーはそのまま保温プレートの上に置いたままよりも、温めたポットや水筒に入れた方が、味と香りの変化が遅くなります。

⑤家庭用のコーヒーメーカーは5杯用が多く販売されています。5杯用のコーヒーメーカーのサーバーには一杯分のメモリが記されていますが、一杯分を抽出しようとすると、お湯が粉にあたりにくく十分に抽出されません。5杯用での抽出量は3〜5杯分が適しています。

もし、1杯だけ淹れたいという場合は、使用する粉の量を多くするか、ゆっくりハンドドリップすると良いでしょう。 毎回1杯のみの方は、下記に記載しています『カリタのTS-101N』をオススメします。
『カリタのTS-101N』は、販売を終了しました。

杯数を多く入れる場合

メリタのミアスは、杯数の多い8〜10杯用のコーヒーメーカーで台形の103のペーパーを使います。
抽出方法は上記と同様です。
※10杯用のコーヒーメーカーでは1〜3杯は抽出されにくいのでご注意ください。

用意するもの

・8杯淹れる場合・・・約48g〜64g
・10杯淹れる場合・・約60g〜80g
・台形の103フィルター

※コーヒースプーン一杯分が10g

注意点

 多く淹れることができるコーヒーメーカーでは、電源がついたままの保温プレートに、コーヒーを淹れたコーヒーサーバーを放置されますと、焦げ付きの原因になることがありますので、淹れ終わったら電源を切ることをお勧めします。

以上、手軽で便利なコーヒーメーカーの紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました