おうちで過ごそう!手網の焙煎方法(前半)

網焼きアイキャッチブログ

こんにちはNICE BLEND COFFEE です。  もうすぐゴールデンウィークですが、『STAY HOME おうちで過ごそう!』という事で、外出自粛でうちで過ごす方が多いことと思います。  今回は自宅で出来るコーヒー豆の焙煎方法を、前半と後半に分けてご紹介します。 前半は手網での焙煎方法、後半はフライパンでの焙煎方法をご紹介いたします。 10分〜15分くらいで出来るので、気軽に楽しみながら焙煎してみてはいかがでしょうか。

【手網での焙煎で準備するもの】

・生豆・手網・時計・ざる・うちわ、またはドライヤー・瓶などの保存容器これが手網です
手網はこのようなもので、ホームセンターなどで手に入ると思います。

【手網での焙煎方法 (ドリップ用の中煎り)】

 今回使用した豆は『コロンビア』と『さくらブルボン』の2種です。 

『コロンビア』

コロンビアは固めの豆なので、中煎りにする煎り時間が多少長めになります。  ①まずは、生豆はかりで軽量し、手網に入れます。     

②中火にかけ、火から20cmくらい離した高さで、揺すりながら煎ります。

▼約2分 少し茶褐色に色づいてきます。

引き続き揺すりながら煎ります。

 

▼約4分 キツネ色になってきます。

まだ揺すりながら。

▼約6分 だいたいここの段階で、ハゼてきます※(1ハゼ)

まだまだ揺すりながら。

※豆からパチパチと音が出る事(煙も出だすので換気扇はMAXです)  ▼約8分 この段階で再びハゼてきます(2ハゼ)が、その前に火を止め、中煎りにします。  

④すぐに火を止めて、ざるなどに移し替えて、うちわやドライヤーで冷まします。

(豆自体が熱を持ち豆自ら焙煎を進めてしまうので、できるだけ早く冷ましましょう。) 

⑤手で触れて冷めていると思ったら完成です。

生豆と焙煎した豆とかさと重さも変わっていますね。

 

⑥瓶などの保存容器に入れて、一週間ほど置くとおいしくいただけます。

※冷蔵庫に入れてしまうと、庫内と室内の温度差で結露が生じ、コーヒー豆が湿気を吸収して味が変化してしまうので、おすすめはしません。

『さくらブルボン』

豆に柔らかさがあり、コロンビアに比べ短時間で煎ることができます。  さくらブルボンは116gで焙煎してみました。 ①〜⑥の工程は同じですが、豆の色付きの様子を注意して見ながら、煎り時間を調節してみましょう。

網焼きさくら焙煎中 網焼きさくらハゼ  網焼きさくら焙煎後 

手網を揺すりながら生豆が徐々に色が変わっていく様子に、だんだんと豆に愛着がわいていきます。

おいしくな〜れ。おいしくな〜れ。

ぜひ、手網の焙煎で生豆の個性を感じ、ハンドドリップでコーヒーを楽しんでみてください。

楽しく『STAY HOME!おうちですごそう』!

NICE BLEND COFFEEより、自宅で出来るコーヒー豆の焙煎方法をご紹介いたしました。

次回はフライパンでできるコーヒー豆の焙煎方法をご紹介いたしいます。

タイトルとURLをコピーしました